CONCEPT

私たちの強み

バランスのとれた地産地消の家づくり

日本の風土から生まれる木材と職人の技術により、機能と安心感、
心地よさが美しく調和した長く住み継がれる住まいを手がけています。

国産のこだわり

国産材は日本の風土によくなじみ、
地域経済を循環させ、コスト削減にもつながります。

日本の厳しい風土のなかで育った木は、地域の気候や環境によくなじみます。そして、国産材や再生可能な資源で家をつくることで、日本の森の整備が進み、地域経済が活性化され、遠方からの運搬エネルギーを抑えることでコスト削減にもつながります。私たちは地域の循環のなかで成立する家づくりをすることで、環境にも地域経済にもコスト面にもやさしい住まいを考えています。

機能性と環境性能の高さ

省エネ性や断熱性、気密性といった機能面に優れ、
地球環境にもやさしい住まい

住まいの快適性は、暮らしのうえでの大切な要素です。特に冬の寒さが厳しい長野では、冬季にいかに暖かく暮らせるかが重要なポイント。私たちは厳しい検査基準を設け、徹底的に検査を行うことで、高い断熱性や気密性による省エネ化を実現させています。また、私たちは建物を介した持続可能な社会の構築をめざし、住宅建設時に発生する副産物を建設現場で細かく分類して資源循環に取り組んでいるほか、製品の製造から破棄段階までに排出される温暖化ガスを換算し、CO2の見える化を行うことで、エネルギーやCO2の排出といった建設コストが上がる要因を軽減しています。さらに、建設時から入居2年後までのエネルギー消費量と室内温熱環境の実測調査も行い、その計測結果をもとに、お客様に最適な暖冷房機器の省エネ運転なども提案しています。

手づくりの温もりとデザイン性

地域の人々の暮らしぶりを熟知した職人により、
暮らす喜びを感じられるようなデザインも実現。

四季折々の環境の変化が豊かで、地震や台風などの自然災害もある日本。この地で長年培われきた伝統的な構法を用い、私たちは職人の手作業による確かな技術と温もりを大切にしています。また、ただ規格化された箱を隣り合わせて空間を構成するのではなく、寝る場所やくつろぐ場所、食事をする場所、それぞれの目的に合った高さや広さのある空間を融合させることで、飽きのこない家をつくります。つくり手の都合ではなく、住み手の必要性から作られる形こそが、長く住み継がれる条件になります。

ACCESS MAP